FC3Sオーバーフェンダー作業&YD-2Sセッティング作業のご依頼

0

    IMG_3650_R.JPG

    以前、ボディオーダー頂いたお客さんからYD-2Sにボディ搭載時にタイヤがはみ出てしまう、フロントはタイヤ切るとフェンダーに当たってしますということで作業ご依頼頂きました。 YD-2Sのほうも状態を確認してセッティングもということで作業していきます。

     


    ラジコンランキング

     ↑1日1回の愛の1ポチお願い致します🤣 

    JUGEMテーマ:ラジコン

     

    IMG_3657_R.JPG

    まずはバラシてパーツチェック

     

    IMG_3658_R.JPG

    ナックル 1050ベアリングの厚みが3mmが入っていましたので

     

    IMG_3659_R.JPG

    アクスルが暴れて削れちゃっていますね 通常の4mm厚みのベアリングに交換します

     

    IMG_3660_R.JPG

    キングピンアングルも0だったのでスペーサーいれてキングピンアングルをつけます

     

    IMG_3661_R.JPG

    1mmを1枚いれます

     

    IMG_3662_R.JPG

    新たにいれるベアリングを脱脂しておきます

     

    IMG_3664_R.JPG

    アッパーアームはHDアッパーアームがついています ノーマルのピンを使って取付けていたのでガタがでていました

    ラップアップのこのタイプのアッパーアームはビスで直接ショックタワーに取付するので穴を拡大して取付します

     

    IMG_3669_R.JPG

    拡大してM3ビスで取付します

     

    IMG_3670_R.JPG

    この穴を2.5mmに拡大して

     

    IMG_3672_R.JPG

    M3ビスで直接固定します

     

    IMG_3673_R.JPG

    これでHDアームが正常に取付できました ガタも減りカッチリしました

     

    IMG_3676_R.JPG

    スライドラックもガタガタだったのでここのビスを調整してガタを減らします あまりきつくするとベアリングの角がスライドレールのアルミ部分を削ってしまうので注意ですね

     

     

    IMG_3684_R.JPG

    調整したら取付ます ピロボールの取付も延長しておきます 6mm延長です

     

    IMG_3683_R.JPG

    フロントロアアームのトレッドも調整します

     

    IMG_3685_R.JPG

    アッパーアーム、ロアアーム、スライドラック 取付、調整完了です

     

    IMG_3687_R.JPG

    モータープレートの位置も一番後ろにセットし直します

     

    IMG_3688_R.JPG

    サスマウントブッシュが4と5なので 推奨値の3と4に変更します

     

    IMG_3690_R.JPG

    RFがD RRがE ですね

     

     

    IMG_3692_R.JPG

    ロアアーム取付けて完了です

     

    IMG_3689_R.JPG

    Fナックル作業に戻って も一回脱脂してクリーニング

     

    IMG_3698_R.JPG

     

    IMG_3699_R.JPG

    これでナックルも組みあがりました

     

    IMG_3701_R.JPG

    ナックル取付

     

    IMG_3702_R.JPG

    良い感じになってきました

     

    IMG_3703_R.JPG

    今回けっこう問題だったリヤのロアアームとユニバサールシャフトの作業をしていきます

     

    IMG_3986_R.JPG

    付いていたアクスル部分がYD-2用じゃなかった為、ベアリングが固定されずに飛び出ていました

     

    ユニバーサルシャフトは新品を用意して丸ごと交換します

     

    IMG_3987_R.JPG

    その前に、スキッドプレートも新品を仕入れたのでRRサスマントに1枚

     

    IMG_3988_R.JPG

    FFサスマウントに1枚いれます

     

    IMG_3989_R.JPG

    こちらのロアアーム、ショートではなくノーマルなのでD Eのサスマウントで使っちゃうとトレッドが片側5mmもワイドになってしまっています ノーマルは品番が[Y2-008RA] でショートが[Y2-008RAS]ですね

     

    リヤタイヤがすっごいハミでていたのもここが原因でしたねD Eのロングなサスマウントにノーマルのロアアームだとトレッドが超ワイドになってしまっていました 薄めのホイールハブにオフセット5mmのホイールでもトレッドが超ワイドになっていました。

     

    これだと49mmのドッグボーンだと届かないので

    IMG_3993_R.JPG

    もともと付いてたD-likeのホッピングボーンとアクスルを合体させます

    ホッピングボーンはバネで伸縮するので最長時の長さはかなり長いです

     

    IMG_3991_R.JPG

    かなり錆が出ていたので556に付け置きしておきます

     

    IMG_3992_R.JPG

    クロススパイダー部分のネジが舐めてしまっていたのですが、なんとか救出できました

    これは捨てておきましょ

     

    IMG_3994_R.JPG

    これで合体完了です 長さも届くので大丈夫ですね 

    後程、ショートロアアームに交換するとのことで同梱した49mmのドッグボーンに戻して頂ければ大丈夫です 

     

    IMG_3705_R.JPG

    お次はダンパーメンテ作業やっていきます カザマの車高調がいいですね ヨコモのビッグボアにも付くんですね〜

    もともとTRF用なんで、ちょっと径がちがうけど付くは付きますね 全バラして洗浄して各部チェックです

     

    IMG_3706_R.JPG

    ODのOリングは全然元気だったのでぞのまま取付します

     

    IMG_3781_R.JPG

    純正のダイヤフラムがしっかりと膨張していたので フッ素ゴム製に交換します

     

    IMG_3782_R.JPG

    かなりサイズが違いますね

     

    IMG_3784_R.JPG

    きっちりハマります ダイヤフラムの状態はかなり重要ですのでハリがなくなって来たなと思ったら交換したほうが良いですね

     

    IMG_3785_R.JPG

    Fに50番 リヤに450番入れておきます オイルは好みの足になるまでいろんな番手、オイルの種類を試すといいと思います。

    柔らかいオイルならOD製、最近AXONのオイル使ったらこれも結構良い感じでした 番手の幅も広いですね

     

    IMG_3786_R.JPG

    ピストンロッドの動き、漏れなど確認しながらエア抜き

     

    IMG_3787_R.JPG

    バネはF用にD-177FS リヤ用にD-179RSをセットしておきました

     

    IMG_3788_R.JPG

    ダンパーをセットして

     

    IMG_3789_R.JPG

     

    IMG_3790_R.JPG

    リヤもセット

     

    IMG_3792_R.JPG

    ダンパーの角度をステーにスペーサーをいれて調整してダンパー作業は完了です

     

    IMG_3752_R.JPG

    フロントのマグネットがボディのライトパーツと干渉していたのでマグネットをこちらに交換します。

    これ色々な使い方ができてお気に入りです

     

    IMG_3753_R.JPG

    ショックタワーにビスで直接取付ちゃいます これでライトパーツに干渉することなく取付できます

     

    IMG_3754_R.JPG

    角度もフレキシブルに調整できます。 高さを調整したい場合は皿ビスで固定してあるマグネットを外してマグネットとステーの間にスペーサーをいれれば高さ調整が可能になります。

     

    ▼テスト走行▼

    問題なく良く走りました。 1点、このサーボとv4のジャイロの組み合わせでハンチングがでたことは無かったのですが、若干のハンチングが出ていました。 なので対処法として2種類試してみたところハンチングは軽減しました。もしかしたらサーボ内ギヤの摩耗によるものかもしれません。

     

    .献礇ぅ蹐離▲轡好肇癲璽匹ONにする (かなり乗り味が変わるので好き嫌いがあると思います。)

     

    △海離機璽椶魯好圈璽匹とにかく速いのでプロポ側でリターンのスピードを落とすことでハンチング軽減しました。乗り味の変化も少なかったです。 大体70〜85くらいの間でリターンのスピードを設定すると良いです

     

    7PXの場合、【スピード】→【ステアリングスピード】→【リターン】 

    場合によっては【ターン】のスピードを若干さげても良いと思います

     

    最後はオーバーフェンダー追加作業です

    DSC_0427_01_R.JPG

     

    DSC_0428_01_R.JPG

    リヤタイヤもかっちり収まりました

     

    DSC_0429_01_R.JPG

    RWDの場合、スクラブ半径やキレ角の都合上、なかなかパンドラボディのノーマルカットラインだと当たっちゃいますね カットラインをオーバーフェンダーに合わせて調整しました これでフロントタイヤを切ってもフェンダー干渉無しです 

     

    DSC_0430_01_R.JPG

    い〜い感じです ツラツラ

     

    DSC_0431_01_R.JPG

    フロントタイヤもツラツラ これでちゃんと走ります

     

    DSC_0432_01_R.JPG

     

    DSC_0434_01_R.JPG

    このリヤビューがカッコイイですね〜

     

    オーダーありがとうございました!

     

    ご覧いただきありがとうございます😃

     

    販売中商品の直接販売はこちらからお願い致します! ご希望の商品をご連絡ください。 

    直販価格でご案内致します。(最大〜15%OFF) ★商品代引きで発送致します★

    IMG_5569_R.JPG

     

    オーダーオリジナルボディ制作も絶賛受付中です!!

    お見積り無料♪ お気軽にメールくださいませ。

    IMG_5568_R.JPG

     


    ラジコンランキング

     ↑1日1回の愛の1ポチお願い致します🤣 

    JUGEMテーマ:ラジコン


    プロポのリフェバッテリーと7PXちょこっとカスタマイズ

    0

      DSC_0072_R.JPG


      ラジコンランキング

       ↑1日1回の愛の1ポチお願い致します🤣 

      JUGEMテーマ:ラジコン

       

      愛用の7PXです😙 ちょっと気になっているのが、こいつのリフェバッテリーなのですが、

       

      DSC_0079_R.JPG

       

      ↑が純正で付属していますよね

       

      んで、これも付属の充電器でチャージするのですが ↓

       

      DSC_0085_R.JPG

       

      これをプロポに直接指してチャージするという仕様だということですが、

       

      コレ、バランス充電してないですよね?? 

       

      リフェバッテリー自体にはバランスコネクタがついていますが

      DSC_0077_R.JPG

      プロポ内で宙ぶらりんですよねw 繋がっているのはRXケーブルの+−だけ

       

      このリフェは3.3Vの2セル仕様の6.6V これはバランス充電すべきなヤツのはず

       

      バランスコネクタが宙ぶらりんでも

       

      DSC_0082_R.JPG

       

      ↑の真ん中らへんにある謎の端子でバランス見てる? とか?🤔

       

      知り合いがメーカー関連の人に聞いたら、やっぱし普段使っているラジバッテリー用のチャージャー使ってバランス充電したほうが良いとのこと😗

       

      リフェなんでリポみたいに気を付けてバランスみたりしなくても熱もったり膨らんだりはあんまりしないと思うけど

       

      リフェだと自然放電もしないですし💨

       

      7PXの説明書だと付属の充電器以外では充電しないで〜って書いてあります💦 

       

      1回チャージャーでバランス充電してみたところ、なんかセルバランスがずれる....

       

      とりあえずストレージで3.3Vに戻しておきました😶

       

      ちょっとこの件は追って調査ですね🤔

       

      ところで、色気づいてプロポをちょこっとカスタマイズ🛒

      DSC_0073_R.JPG

      アルミのステアリングホイールとアルミのブレーキディスク 質感が良くてナイス デザインも悪くないです😙

       

      テールスライダー製と悩んだのですが、価格とブレーキディスクの有無で今回はこっちに💡 

       

      良い出物があればテールスライダーも付けてみたい。

       

      交換は無加工のポンつけです💨 ちょっとクリアランスがギリで押し込まないとキツかったかな🤔 ま、かっちり着きました。

       

      DSC_0074_R.JPG

      どーもスポンジが前々から好きく無いのでビレットハンドルに変えちゃいました😙 

       

      けっこう熱中してドリってるとスポンジが汗で湿ったりしてて😅 

       

      このビレットにしたら操作がらくちん😊 このテーパーのついた部分にちょうどよく指がかかってめちゃ良い操作感です😘

       

      セットスクリュー3本で締めこむヤツなんですけどこれが気にいらない うまく着かない😪

       

      ホイール用のゴムが合えばそれが一番よさそうだけど径が違うから合わないです

       

      M用のホイールのドリフトタイヤ取付用のゴムあればぴったりいけそうだけど無いので🤔

       

      まずステアリングホイールにフカフカ気味の両面テープを巻いてから厚みを絶縁テープで絶妙に調整していきます💨

       

      ピッタリカッチリ取付完了🎉 あまりギチギチにするとこれもう取れないんじゃない?になるので注意ですね😮

       

      DSC_0076_R.JPG

      あと、カーボンハンドルも装着😁

       

      しかーし、これ付けるとG-Forceのプロポバッグに入りません😪

       

      てなことでウレタンを・・・・

       

      DSC_0083_R.JPG

      掘ります。

       

       

      DSC_0084_R.JPG

      ザグっ・・・・・ 40点の出来ですね🙄 ま〜いいか

       

       

      DSC_0075_R.JPG

       

       

       

       


      | 1/1PAGES |